2005.03.31

ROCK THE WORLD/HOME MADE 家族

先程The Public INSIGHTさんの
記事を読んで知るに及びましたのが、
セガトイズから4月2日発売予定のidog
何だか気になってしまいます。
価格は5000円を切るようで、
品薄でなければ1台(1匹)我が年寄所帯にも置いてみようかしらと、
妻と話している所で御座います。
今も人気衰えぬたまごっちブームといい、
価格帯5000円以内の玩具は、ビデオゲームに負けず劣らず
依然活発な流通を営んでいますね。

ビデオゲームと言えば新色発売となるNINTENDO DS、
こちらのインターフェイスは素晴らしいですね。
ゲームソフトを作っていらっしゃる現場の方々も、
創造力を十二分に発揮出来るのではないでしょうか。
TVゲームが小型化しただけ、ではないところに
任天堂の玩具に対する熱意を感じます。それらを手にする者の
多くは子供達ですから、彼らが喜びイマジネーションへの刺激を
受ける事が出来るような玩具をリリースし続けている、ユーザーへの
想いが込められていると、任天堂に対してはそんな気が致します。
これら優れた「MADE IN JAPAN」製品群を目の当たりにする度、
日本人のモノづくりに対するこだわりは、
その製品を手にする人々の「顔」を想像する事に拠り
創造と高品位を保っているのではないかと私は思います。
------------------------------------------
ROCK THE WORLD/HOME MADE 家族

今回は課題曲ではなく自主的に買い、そして聴きました。
彼らの音楽を聴いていると、歌詞や楽調にポジティブな
メッセージを感じる事が出来るので大好きです。
私達のような年配者にとってはもはや「孫」の世代に近い
彼らではありますが、世代間関係ない音楽と歌の素晴らしさを
共有出来ている気が致します。

ちなみに私は9曲目の「サンキュー!!」と
13曲目の「SUMMER TIME MAGIC」が特に好きで御座います。

評価:★★★★☆
のびのびと創作そしてパフォーマンスに打ち込んで欲しいです。

有難う御座いました。

| | Comments (139) | TrackBack (0)

2005.03.17

even so/bonnie pink

前回に続き昨今の事についてです。
皆様コメント有難う御座いました。
思い図られるのは昨今日本人に施されている教育レベルの低さ、
危うさでしょうか。即ち意図的思惑によって考える力そのものや質を
低下させられて続けてきたのではないかと、皆様の御指摘等等併せ
現況鑑みるに思う次第です。
多くのニュース記事や文献が示しているように
日本は2008年に国家破産すると予測されます。怖ろしいのは
その実情を大勢の方々が知らないという事です。

何故破産するのか? 根拠は?
現政権の行っている「改革」とは一体何か?

私は所得税だってもっと払っても良いと思っています。
消費税だって20%で良い、そうでもしないともはやこの国は沈没です。
財政破綻した国に社会保障などある訳がないでしょう?
医療費だって100%負担になりますよ。
ニートだパラサイトだって囃し立てるのは勝手ですが冗談では済まない、
87万人もの若者が学ぶ事も働く事もしない、87万の労働力を眼前で
みすみす失い、つごう87万人分の納税者を喪失している。
何とか今現在の労働者人口による納税が、
多少は彼らに恩恵を与えているかも知れない、けれど国家破産というのは
財産も住む場所も保障も何もかも、
国の借金のかたに取り上げられるということですよ。

詳細は省きますがなぜこの様な事態になるまで誰も何も言わず
問題は放置され続けたのか?
この様な事態に陥った原因を端的に申せば「政治腐敗」に拠ると言えるでしょう。
誰も何も言わぬ理由、それは見ざる聞かざる言わざる気付かざるの恐怖教育が
日本人のメンタリティに擦り込まれているからです。

先に述べました「税金だってもっと払っても良い」というお話し、当然ですが
政府には課税負荷増を国民へと強いる前にやらねばならない事があります。
それが為された後であれば、受け入れましょうという事です。
2002年の衆議院予算委員会にて取り上げられた事でこの内容は
皆様御存知であるとは思いますが、今後日本がIMFの管理下に
置かれる事となった場合のポイントとしてアメリカの金融専門家達は
以下8点をあげています。
1)公務員総数30%カット、給料30%カット、ボーナス100%カット
2)公務員退職金の100%カット
3)年金30%カット
4)国債の利払い5〜10年間停止
5)消費税率20%
6)課税最低限を100万円まで引き下げ
7)資産税導入、不動産に対して公示価格の5%課税、
 債権・社債5〜15%課税、株式取得金額1%課税
8)ペイオフ実施。第二段階として預金額30〜40%カット

さて、こうして見るといかに今施されているとされる「改革」が
口先だけであるかという事がお分かり頂けるかと存じます。
強いているのは国民への「痛み」だけ、なのではないでしょうか。
------------------------------------------
american idiot/GREEN DAY

第二期ブッシュ政権が誕生する前にこのアルバムが
発表された意義は非常に大きい、と伺っております。
何故なら2009年までこの政権が続いたとしても
american idiotという作品は、今や幻想となりつつある
アメリカンデモクラシーの片鱗として残るから、ですね。

BOULEVARD OF BROKEN DREAMSは好い曲です。

評価:★★★★

------------------------------------------
even so/bonnie pink

カーディガンズのプロデューサーとしても有名なトーレ・ヨハンソンが
bonnie pinkと共に手掛けたアルバム、だそうです。はて??
プロデューサーがスウェーデンの方だからと言う事でもないのでしょうが
全体的にメロウな曲調が多いなあという印象を受けました。
非常にフェミニンな情感をヴォーカルからは感じるのですが
以前はもっとボーイッシュなイメージも持ち合わせていたよ彼女は
という意見も御座います。いずれにせよ「??」ですが、
聴いて心地よければ何でも好いという気もしております。

評価:★★★★

有難う御座いました。

| | Comments (13) | TrackBack (6)

2005.03.11

Tango: Zero Hour/Astor Piazzolla

2006年
来年は怖ろしい年になるような予感が致します。
我が国の少子化は、即ち生き物としての本能による
抑制現象の顕在化なのではないでしょうか。
私が若い人達に勇気と誇りを持って生き抜いて欲しいと願う
その根本には、万一これから先、この国に様々な困難や
混乱が訪れたとしても気を保ち目標を見据え生きる希望を
見誤らずに未来を築いて頂きたいという祈りにも似た感情が
込められております。

日本国内に於いてこれまで外資は株式交換制度による
M&Aを禁じられておりました。
しかし既に政府はアメリカに国際株式交換制度施行へ
向けた商法改正を約束致しております。
今の流れでは2006年から、外資の自社株割り当てによる
日本企業買収が解禁となるのではないでしょうか。
外資というのはアメリカだけでは御座いません。
市場が巨大に膨れあがっている中国企業も勿論、
電子機器市場にて抜群の強さを誇る韓国企業など
旧来の価値観を駆逐し未曾有のマーケット原理を有する
世界各国の強い企業が、株価低迷中の日本企業群を
いとも簡単に買収していく、その可能性が拡がるという事です。
優良企業がどんどん買収される、まるで日本国内に
各国の勢力図が描き殴られていくようではありませんか。
しかも米国企業の場合、極端な税制優遇がございますので
他国で上げられた利益の殆どがアメリカ本土へ
吸い上げられていくでしょう。
例えば日本で得られた収益は日本では循環しないと、
そういうことです。
経済至上主義の国家に於いてその様な事態が生じたらどうなるか?
勿論労働環境も変貌します。小渕内閣が乱発した国債の償還も
迫っておりますので追い打ちをかけて我々庶民の生活は
困窮するでしょう、生活コストは高騰し給与格差は広がる、
端的に申せばそういうことです。

政策のミスは全て国民がその代価を支払わされます。
しかし嘆く事よりも新たな強いイニシアチブを創り出す事が
混乱期を迎えるであろう状況には必要であると私は考えます。
------------------------------------------
Tango: Zero Hour/Astor Piazzolla

ブエノスアイレスで生まれ前にも後にも現れないバンドネオン奏者、
タンゴの巨人ピアソラ。
こちらは没後ニューヨークで制作された作品ですね。

このバンドネオンという楽器は、一見野暮ったさ漂うものの
奏でられてみれば慄然とした気高さに溢れています。
それが天才の手に掛かれば怒りや哀愁や暴力や冗談や性衝動や
そのような生々しい数々の欲望が爆弾のように凝縮され
いつ破裂するともわからない緊張感と共に襲いかかってくる「音楽」へと
変貌するのですね。

彼が亡くなったのは92年、アルゼンチンは国家破産前夜、
祖国の斜陽はこの世を去る直前の男にどの様なインスピレーションを
与えたのでしょうか。
 

評価:★★★★★
満点以外につけようがございません。

有難う御座いました。

| | Comments (9) | TrackBack (2)

2005.03.07

ナンバーガール

思い立って神保町へ向かう、先週の木曜日。
また一時は戻れないので名残惜しく
いもやで天ぷら定食+穴子天。
そのまま再びリバティタワー(笑)前の
ゆるやかな勾配を進み御茶ノ水駅前で
信号待ちしていたところ、diskunionの
スピーカーからクラクラする音が流れた。
マタタビ中毒よろしく店内へ吸い込まれ、
そのままその曲を聴き抜く。ギターのリフとかが
後期ルースターズっぽい。
「後期ルースターズっぽ」さってなかなかありそうで無く
スクーデリアエレクトロのRainy Dayとかが
若干近いかも知れないがかなり遠い。

店内スタッフへ「これ誰すか?」という質問をするや

「ナンバーガール」

と即答が返ってきた。
ああ、確かに向井だわ。
と、こちら側も即お買い上げ。

なにせ向井秀徳はすごいのだな
と思い知らされました。

| | Comments (13) | TrackBack (0)

2005.03.06

No Rain

ハノーファの会場に
No Rainが流れた。
大学4年くらいの頃
初めてこの曲を聴い
てBlind Melonのア
ルバムを即買った。
もう10年以上前の
事。それは時を経て
も未だ新たな発見と
興奮を突き付けてく
る魔法のようもの。
そして間違いなくそ
れは人間による仕業。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.03

ZAZEN BOYSII/ZAZEN BOYS

風邪をひきました。
睡眠は最良の医師。
早寝早起き、心掛けなければいけませんね。
インフルエンザもまだまだ勢力衰えぬようです。
皆様もお気をつけください。

手短に。
リタイア間近の私が今の若い人たちへ
望むことがあるとするならば
「自分の経験が世界の全てだとは思わないで欲しい」
ただ一点、これに尽きます。
世の中は可能性に満ち溢れておりますよ。
------------------------------------------
ZAZEN BOYSII/ZAZEN BOYS

後ろで歌っていらっしゃる女性は
椎名林檎さんでしょうか。

こんなにうるさい音楽が全曲とも
こんなに心地好く感じられるようになるとは
音楽を聴き始めるようになった最近までは
思いもよりませんでした。

評価:★★★★★★★.....
点数のつけようがございません。

有難う御座いました。

| | Comments (13) | TrackBack (0)

2005.02.25

なにしてんの/SURFACE

私はラジオが大好きでして一日中つけっぱなし。

何年か前、隣県のFM放送から元気で、そして非常に闊達な意見を
間断なく述べ続ける或る若者がディスクジョッキーを務める番組を
深夜であるにも関わらず毎週、
夫婦揃って非常に楽しく聴かせて頂いておりました。
しかしいつの間にかその番組は放送終了してしまっており、非常に残念。

さて、それはそれ。

娘の亭主は仕事柄、映像などのスタジオに出入りする事が多いのですが、
ある晩いつもと同じく、録音作業の立ち会いを行っていたそうで御座います。
その夜に限りディレクターさんと音効さん、
そしてプロデューサーである我が娘婿の意見が一致せず、
作業が難航したそうで御座います。
夕飯も食べず侃々諤々、MA室はタバコの煙で山火事の様、
溜まらずブレイク、一息入れつつ娘婿がロビーをうろついていたら
打ち合わせテーブルにどこかで見た顔が.....。


どなただったか...?


思わず先方様の顔をじっと眺めていると、それに気付いたあちら様も
不思議そうな顔しつつも丁寧に会釈を返してきたそうで御座います。
しかし誰であったか失念したまま、特に声もお掛けせずその場は
やり過ごしてしまったと。


あっ!!


思い出したのはスタジオを去る際のエレベータの中。
あの感じの良い会釈の青年は、娘婿の妻、
即ち私の娘が贔屓にしていたグループの歌い手さんだったのですね。

うわぁ、戻ってサインもらおうか、
でもあちらも仕事中だし申し訳ないし.....。
と悩んだ挙げ句、結局お邪魔はせずに帰宅したのでした、と。


私が、好んで毎週聴いていたFMラジオ番組の話を娘夫婦にした際、
彼らからこの、スタジオのエピソードを聞いたのでした。

実はこの2つのお話ですがいずれも、
SURFACEの歌い手さんである椎名慶治さんが主人公なので御座いました。

ちなみにうちの家内は永谷君のファンで御座います。
------------------------------------------
なにしてんの/SURFACE

思いついたままの日常心象を小気味良い曲調と
はっとする様な詞に置き準えた力強い、そして
非凡なるセンスに充ち満ちたメッセージソングです。

評価:★★★
椎名さんのブログが始まり大変嬉しゅうございます。
今後のご活躍を楽しみにしております。

有難う御座いました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.02.17

KYOTO JAZZ MASSIVE/Sprit of the Sun

もう何年も前の話です。

うちにも何人か若い子等がおりまして
その内の1人が入社して3年目の頃ですね、
まあ何と申しますか、5月を過ぎたあたりから
段々と元気が無くなっていく様子が、私らが
端から見ていても分かる訳です。
田舎は静岡で、親元を離れてこっちで働いている。
実家は小さなデザイン会社をやってまして、
大手さんからの発注でちょこちょこ版下作ったりしながら
そこそこ食っていけてると、まあ子供2人をそれぞれ東京の
4大短大まで行かせてる訳ですから大したもんです。
いずれは息子にデザイン会社を継がせたい、
何にせよ専門知識は必要だから預かってくれよと、
要は旧くからの友人である彼の親父さんから頼まれた
コネ入社な訳ですね。
なかなかどうして非常に優秀で、現場での飲み込みも早いし
物怖じしないもんだから営業センスも抜群、
こりゃああの野郎に返すのが惜しいなあ
なんて家内といつも話してたくらいですから。

そんな彼が、ぱったりと元気を無くした時期が御座いまして、
あれよあれよと無断欠勤までするようになったんですね。

或る夕刻、家内と2人で訪ねてみました、肉じゃがの鍋抱えて。
すると家でテレビ見てました。夕焼けニャンニャン。
体、しんどいのかい? と尋ねてみると、
朝起きたら頭が重くなって外に出られなくなるんだと言う、
病院に行っても次の朝が来ればまたダメになって、
気持ちが前に向かないと。
なんでも、きっかけは得意からのクレーム対処がどうのこうのと
些細な事らしいけれど、
どうにも仕事に対して萎縮をしてしまったんだと。

まあこういうの、小さいとか大きいとか、
決めてしまうのは本人ですから。

私は、経営者としてはまるで失格なんですが、
彼に叱咤激励は出来なかったです。
寧ろこうして萎んでいても、
あんたが普通に息してくれてるだけで良かったよと。
仕事や借金なんかで潰れちまう、そんな人生なんて無いんだよ、
恥ずかしいとか卑しいとか、一体誰にそんなによく見られたいんだい?
あんたはあんたに正直であれば、人様の命奪ったりしない限り、
他に何しようとも誰にも文句は言われない、今見えてるものなんて
今まであんたが見てきたものやこれから見るものの内の、
一体どれくらいなんだい?
気持ちが晴れるまでサボりたけりゃぐうたらしてさ、
元気になったらまた出てきておくれよ、それまで待ってるからさ、と。

萎む時っていうのは、その人と自分の事だけだとか
その事と自分の事だけだとか、相手の事しか見えなくなってしまうんですね。
人間というのは、そんなに小さいものでも無いのではないかと、私は思います。
そこそこでも徹底的でも、好きな様にやればいい。

結局彼の実家は、お姉さんとそのダンナさんが切り盛りして、
彼は未だにここで、専務かなんかになっちゃって元気にやってます。
------------------------------------------
KYOTO JAZZ MASSIVE/Sprit of the Sun

落ち着いた音楽を聴かせて頂いて
非常に幸福な気分です。
JAZZと言っても最近のは小洒落た雰囲気なのですね。

評価:★★★★★
一番最後の「The View from Her Room」という曲は
ここのところ毎日聴いております。満点付けさせて頂きます。

ありがとうございました。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2005.02.09

ROSSO/バニラ

久々に銀座まで出掛けました。
新富町で打合せがございまして
折角ここまで出て来たのだからと、
その帰りに足を伸ばしてみた次第でございます。
松屋通りから数寄屋橋までゆるりと徒歩にて、
いつの間にやら数寄屋橋阪急は「モザイク銀座阪急」という
商業ビルに衣替えしたのですね。
中のお店も数寄屋橋阪急時代の顔ぶれだったり
そうでなかったり、幸い私が贔屓にしております
ホットサンドウィッチのお店は変わらずでございました。
ご飯を食べ軽く買い物をして、このまま有楽町へ向かうか
或いは新橋汐留へ伸ばすか、迷いましたが、挨拶回りついでに
汐留方面へ参りました。
はたまたこの一角も、
旧来の猥雑な新橋イズムが麓に撒き散らされる様を
遥か天空から見下ろす高層ビル群とでも申すべき風情で、
新宿の西と東の如き趣がございました。
南と東ではございませんよ。
サラ金やポルノ映画館、風俗店舗がひしめく脇目に
小奇麗なオフィスへと連なる清濁はぎこちなくも
爽快ではありました。
不景気だ2005年問題だと言われ久しいながらも
立派なビルが後を絶たず次々と立ち並ぶ。
不思議な時代でございます。
------------------------------------------
ROSSO/バニラ

先般プロモーションビデオを拝見させて頂きました。
前奏が長く印象的でしたが、楽曲自体は非常に、
先にご紹介させて頂きましたバンドの方々の曲類と比較しては
シンプルであるような気が致します。
映像にはちらちらとしか映っていらっしゃらないのですが
ギター演奏者の方が醸し出す雰囲気に
大変目を惹き付けられました。

評価:★★★★
これまでで一番ROCK色が濃いと申しましょうか。
耳慣れせねばなりませんね。

ありがとうございました

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2005.02.02

UNKLE/NEVER,NEVER,LAND

お早う御座います。tでございます。
今週来週、8さんは出張前の山場という事で、
入稿やプレビューだらけ、
なかなか投稿出来ない様でございます。
拠って私の投稿を前倒し、つなぎをさせて頂く所存で御座います。
申し訳御座いません。

もうすぐ家内の誕生日です。
彼女はコーヒーが大好きで、1日に数度、
仕事や家事が一段落すれば豆をゴリゴリと挽いております。
私はさほど、
結婚前まではコーヒーを好んで飲む口ではありませんでしたが
家内と合わせている内に、多少味が解る程度にはなりました。
カフェインの苦み自体はそれ程、好みでもないのですが、
コーヒーを飲む行為というものは、
微笑ましく愛らしく、好ましく感じている次第です。
豆を挽き湯を注ぎ、甘いお菓子を食べながら一息入れる妻の安寧が
私にとってもかけがえのない穏やかな時間となるからです。
その豆挽きも、大して良い物では無い安物なのですが、
もう随分と使い古しています。
今年は新しい、ちょっとよい豆挽きを、家内の誕生日に
プレゼントしようかと思っております。

私たちは限られた時間の中で出会い、生き、別れて参ります。
財産も名誉も借金も悲しみも握っていられるのは墓場の手前までです。
生きて行くに与えられた時間こそかけがえがない。
いつもかつがつの生活ですが、ほんのちょっと奮発して
一生物になるくらいの豆挽きを愛する妻へ贈り、
そしてまたこの先、彼女の煎れるコーヒーを飲む時間を
共にゆるやかに過ごすくらいの贅沢は、
こんな私の人生に於いても許されるのかなと思います。
------------------------------------------
UNKLE/NEVER,NEVER,LAND

海外の方です。タイトルが良いですね。
このCDとは別のもう1枚も聴かせて頂きましたが、
いずれも映画を見ているかの様な気持ちにさせられる
楽曲構成でした。
アーティストの方というのは内なる不安を形骸化する力量を
持つ人達なんだなあと感じさせられる1枚です。

評価:★★★★★ 大変素晴らしいです。満点付けさせて頂きます。

ありがとうございました。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧