« January 2007 | Main | March 2007 »

28 February 2007

お写真納品

この一ヶ月の間、写真展と同じくらい脳みそを占有させ続けていたことがあるんです。
それは、自宅近辺の馴染みのお店、「でくのぼう」の大将の結婚式のことでした。


「休ちゃん、結婚式やるときは撮ってぐれなぁ」
と岩手訛りで大将から言われたのは、去年の夏だったか・・・。
「おいらでいいなら、いっすよ〜。」

その責任の重さに気付いたのは昨年の秋。

ある晩、店を訪ねると
「休ちゃん、いいとこさ来た。昨日式場と日取りさ決めてきたから、写真頼むなぁ」
「も、もちろん。でも、式場のカメラマンもいるんだよね?」
「いやあ、頼まなかったぁ〜」
「・・・・」
頭の中は真っ白に近いグレーだったけど、おいらにも意地があります。
「喜んで!!」
・・・・言ってしまった。

分かってたんですよ。
絶対失敗の許されない写真。
必ず写っていなければならない。
おさえなければならないポイントは無限。

それからの数ヶ月は悩みましたよ。
渡部さとる"師匠"にも相談しました。
「そりゃぁ大変だよぉ〜。」
「・・・・(涙)」

でも、
師匠のアドバイスはシンプルだった。

・広角レンズで被写体になるべく近づく
・外付けフラッシュは使わない。
 (内蔵のポップアップフラッシュの方がレンズに近いから背景に影が出にくい。)
・バッテリーは予備を持って行く。
・たくさん撮る。
・難しいことは考えない。とにかく写っていることが大事。

かつて新聞社のカメラマンでもあった、現場百戦錬磨の師匠の言葉は説得力がありました。
WEB上で、とても参考になる「結婚式の撮り方」は数多くあったが、
師匠のアドバイスを信じることに。

ただ、キャンドルサービスがあるとのことだったので、
ISO400以上が実用画質であってほしい。
愛用していたE-300を手放し、高感度に強くなっているはずのE-330を購入。
さらにZUIKO DIGITAL 14-54も購入し、次々に襲いかかってくる見せ場に備えました。

さて、式当日。
撮った撮った。5.5GB分のCFはほぼ満杯でした。
料理も平らげましたけどね。
(でもサスガにアルコールは一滴も口にしませんでした。これが一番辛かったかも。)


しかし試練は、これで終わりではありませんでした。
1000枚以上の写真。
これをいったいどうしろと言うの?!

あれこれ検討した結果使ってみた、AdobeのLightroomが使いやすく重宝しました。
これがなかったら、未だに写真を納品できていなかったでしょう。

そう、本日納品してきました。
といっても、1000枚分のインデックスプリントと、セレクトした200枚分のデータ。
色調製まではできずに申し訳なかったのですが、
写真屋さんでプリントしてもらうのが、お互いのためかと思いまして・・・。

武蔵小杉駅近く「でくのぼう」にて
_00129141
GRD

でも、セレクトした写真をスライドショーにして、
閉店後お店のみなさん、常連さんにお見せしたら喜んでいただけました。

これでようやく肩の荷が降りました。
あとは200枚の中から数枚ピックアップした写真と
Rolleiflex 2.8fで撮った写真を伸ばして差し上げようかと。

もう絶対、結婚式&披露宴は撮らないゾ!!と強く思うものの、
大将と若女将の笑顔を見ていたら、撮らせてもらえて良かったなあと思いました。
だって、おいらが何かしてあげられることって言ったら、
写真撮るくらいしかないっすから・・・。

大将。智子さん。
忙しいのに写真展見に来てくれてありがとう。
そして、末長くお幸せにね。

| | Comments (14) | TrackBack (2)

27 February 2007

Roppongi

Img383_1

M4 Summilux 1.4/35mm

| | Comments (6) | TrackBack (1)

26 February 2007

週末の過ごし方

グループ展が終了し、一週間。
さて次は何しよっかな?と思っているところへ、
「カラープリント講習」の知らせが!!
2B同期の窪田さんと共に参加を決めました。
Mトリオの一員小高さんは仕事で参加できず残念。

日曜の朝、窪田さんの電話で目覚め、大幅に遅刻して江古田へ。
(先週は毎日、朝起きられたのに、おかしいなあ。)

まずは座学。これぞ2B!!
そしてプリント。
全暗の中露光し、
RolleiCord Va Xenar75mm F3.5で撮った、夏の京都のイメージが、
ラッキーのカラープロセッサーから吐き出される。
これまで見よう見まねで、濃度も色もちぐはくだったカラーが、
数枚のうちに、ぴたっと合ってゆく。
キモチいい〜。

カラーも楽しいですね。

江古田駅前のステーキ屋で昼食をとり、おやつを買って2Bでコーヒーを淹れる。
漂流者さんや、さるぢえさん達と話ながら午後を過ごし、
渡部さとる"師匠"と夕食にでかける。

12月くらいから、これが僕の定番の週末の過ごし方です。
クリスマスイブも2Bで過ごしたっけ・・・。
ここはホントに居心地がいい。
ここに来ると、次も何かできそうな気がするから不思議です。
生きる力が湧いてきます。


夕食の後、喫茶店にて。
_0012912

"ほどけにくい"靴ひもの結び方を、"師匠"から教わる漂流者さん。
江古田で教わることは、写真だけにとどまらないのです。

| | Comments (7) | TrackBack (1)

玄関

Img379_1


| | Comments (3) | TrackBack (3)

25 February 2007

友人の顔

Img376_1
Rolleiflex 2.8f Planar

久しぶりに会いに来てくれた、風変わりな友人。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

23 February 2007

ギャラリーの女

Img373_1
Rolleiflex 2.8f Planar

| | Comments (8) | TrackBack (1)

22 February 2007

写真家の顔 ハービー・山口

Img369_1
Rolleiflex 2.8f Planar

| | Comments (75) | TrackBack (0)

署名

渡部さとる師匠が、
「作品を販売するということは、自分の作品に責任を持つということ」
と言っていた。

友人夫妻が買ってくれた写真の額装を一旦解き、ブックマットから取り出す。

新しい鉛筆をナイフで削り、
写真の裏に署名をしようとしたら、手がふるえた!!

| | Comments (7) | TrackBack (3)

21 February 2007

写真家の顔 中平卓馬

Img368_1
Rolleiflex 2.8f Planar

| | Comments (25) | TrackBack (0)

19 February 2007

写真展 プチ反省会

ご来場頂いた方はご存知ですが、こんかいの写真展ではみなさんに銀シールを三枚お配りして、
好きな作品に投票をしていただきました。
これは、2Bのグループ展恒例のスタイルなんです。
たくさん貼ってもらって競っているわけではなく、
  ・投票していただくことで来場者によく写真を見ていただく。
  ・自分が気に入っている写真と、オーディエンスの意見との差を知る。
ためのものでした。
僕の写真には、1枚づつの写真より、「認知地図」というキャプションに貼ってくださった方が多かった。
随分枚数も撮りましたが、
「撮影後のセレクションとアウトプットの方法が重要」という"師匠"渡部さとるさんのお言葉に従い、
テーマと展示写真の構成に重きをおいた僕としては、とてもありがたいことだった。
みなさんありがとうございました。

この銀シールとは別に、5日目のパーティの日に、、渡部さとる賞の発表があります。
下の集合写真の、渡部さとるさんの左のオトコが、今回の渡部さとる賞受賞者、小高健一さん。
師匠に「ストーカーの目線(笑)」と絶賛?された男です。
ひとりづつ丁寧に作品の講評をしてくださった後、
    「写真展が1日だったら窪田基君、二日だったら休日郎君にさとる賞をあげていたかもしれない。
     でも数日間見続けて毎日違うストーリーを想像させてくれたのは小高君の写真。」
とのお言葉。僕も同感。彼の写真が大好きです。

撤去終了後、やけに荷物が多かった(なにしろフレームを特注したもので、買い取り!!)僕の荷物を
小高さんと窪田さんが運ぶのを手伝ってくれ、
3人で鍋をつつきながらプチ反省会。
そして記念に、3人でお互いのプリントを交換しました。
このグループ展の思い出として、彼らのプリントを大切にしたいと思います。

また、写真コレクターの原さんが
「原茂日記-コレクターのギャラリーめぐり」
の中で講評を書いてくださっています。
ありがとうございました。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

写真展最終日

朝はあいにくの雨でしたが、午後から晴れ。
最終日も多くの知人、著名な写真家がご来場。

清家冨夫さんにご来場いただくも、
ずうずうしいおいらとしたことが気後れ。
お声もかけられず痛恨!!
毎日ブログみてるのに〜。
次回、写真展をする機会があれば、この悔いを活かしたいです・・・。

会期中、特に嬉しかったことは、
友人夫妻が来場し、僕の写真を譲ってほしいと申し出てくれたこと。
毎日会場で、自分の写真を見つめ続け、
展示した15枚の写真が自分そのものだと改めて認識し、
自己嫌悪になりつつも、終盤ようやく少し愛せるようになってきた時でした。
奥様は染め物のアーティストで、よくお二人でいろんなアートをご覧になるそうだが、
初めて夫婦で「この写真がいいね」と、意見が一致したからと・・・。
「差し上げます」と申し出たのですが、首を縦にふってくださらなかったので、
ブックマット、フレーム込みでありがたく買っていただくことにしました。
生まれて初めての経験です。


それにしても友人とはありがたいもの。
お越しくださった方も、都合でお越し頂けなかった方も、
事前、本番中、いろんな形で支えてくださいました。
みなさんのおかげで、無事終了できました。
お名前は差し控えますが、心からお礼を申し上げます。


愛しい11人のナカマと、"師匠"渡部さとるさん
_0012892

| | Comments (9) | TrackBack (4)

18 February 2007

五日目

本日は150名以上の方にお越し頂けました。

カリスマ写真家、中平卓馬さんがご来場。
一時、場内が騒然と・・・。
_0012844

この五日間、たくさんの仲間が足を運んでくれ、
いろんなコメントをいただけました。
五日間、自分の写真をみつめ続けると、ホント複雑な気持ちになります。
やっぱり、写真って自分そのものなんですね。
そんななか、救ってくれたのは来場者のみなさんと渡部さとるさんのコメントでした。
写真を撮っていて良かったって思います。

スゴク寂しいけど、明日は最終日。
たくさんの方々とお会いできることを、楽しみにしています。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

17 February 2007

四日目

四日目も天気が良く、たくさんの方が来場してくださった。
渡部さとる"師匠"によると、のべ200名動員できれば、なかなかのものなんだとか。
土曜日には、200名を超えそうだ。

そしてビックネームも来場くださった。
_0012816

田村彰英さんと2BのOGのhanaさん。
僕は東京カメラ倶楽部に所属しておりまして、
田村先生は会長なのです。
そして、暗室技術を1から教えてくださった恩人なのです。


_0012817

そして、ハービー山口さん。
先日、目黒のアートフォトサイトで開催中のハービーさんの個展で、お会いした際に、
ご案内を差し上げていた。
「必ず見に行くよ」と言ってくださったのだけど、
お忙しい方だからどうかなあ?と思っていたら、ホントに来てくださった!!!
律義な方だと感動いたしました。

僕の写真はお褒め頂けませんでしたが、「休日郎」という名前をお褒めいただきました(笑)


五日目土曜日もたくさんの来場者とお会いして、お話できるのを楽しみにしています。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

15 February 2007

写真展三日目

今日は天気も良く、50名以上の方にご来場頂けました。
渡部さとる組でルデコの4フロアを占拠していることによる相乗効果か?
おかげで著名な方もお越し頂きました。
お昼ごろ、赤城耕一さんがご来場!!!著書には大変お世話になってます!!!!!!

そして、伝説のギャラリー男と呼ばれる、上村國夫さんもご来場。
上村さんは、都内の全ての写真展をチェックされている伝説の方。
渡部さとる御大によると、「上村さんのお名前が芳名帳にない写真展は、写真展じゃない」
初めての写真展なのに、上村さんにご来場頂けたのはとても光栄でした。

このあたり、くわしいお話は、きっと漂流者さんのブログに紹介されることでしょう。

_0012802
嬉しそうにGRDで撮らせていただく、渡部さとる師匠と漂流者さん。
その様子をGRDで押さえておきました。


渡部さとる主宰 Workshop 2B グループ写真展 Vol.9 16【sixteen】
2007年2月13日(火)〜18日(日)
11時〜19時(最終日は17時まで)
ギャラリー・ルデコ 3F
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-16-3 ルデコビル

明日も、ルデコにおります。
もし、お寄りの際はお声がけくださいね♪

| | Comments (10) | TrackBack (10)

13 February 2007

ルデコジャック:写真展初日

_0012790

_0012789

初日から、たくさんの方々にご来場いただきました。
ほんとにありがたいことです。


渡部さとる主宰 Workshop 2B グループ写真展 Vol.9 16【sixteen】
2007年2月13日(火)〜18日(日)
11時〜19時(最終日は17時まで)
ギャラリー・ルデコ 3F
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-16-3 ルデコビル

「渡部さとるがルデコジャック!!」というわけで、下記のフロアの写真展も同時開催。
是非、一緒にご覧下さい。

2F 15期写真展 
5F 岩写真展 『Group Photo Exhibition 「岩」』
6F モンゴル写真展 『Mongol Rocks!』

| | Comments (223) | TrackBack (1)

11 February 2007

在廊時間

会期中はなるべく、ルデコにおりまする。
お越し頂けた際は、
     「Qちゃん、どうよ♪」
と、できる限りなれなれしくお声がけ下さい。
    「あ・・・。ど、どうも。」
と、はにかみながら笑顔でお応えさせていただきます。

2月13日(火):11時〜13時 18時〜19時
2月14日(水):11時〜19時
2月15日(木):11時〜19時
2月16日(金):11時〜19時
2月17日(土):11時〜19時
2月18日(日):11時〜17時

| | Comments (17) | TrackBack (1)

10 February 2007

晴れ時々曇り

kawasaki
Img358

Img360
M4 SUPER-ANGULON 3.4/21mm

「オトコは黙ってスーパーアンギュロン」とは渡部さとるさんのお言葉。
僕の大好きな路地裏が楽しくなるかもしれない。

| | Comments (36) | TrackBack (0)

黄色い電車

ekoda~ikebukuro

Img355_1

Img356_1

M4 Summilux 1.4/35mm Kodachrome

| | Comments (14) | TrackBack (0)

09 February 2007

写真のグループ展

2b_omote1230_1

来週火曜日より、渋谷のルデコでグループ写真展を開催いたします。
昨年11月に、おおよその方向性が決まって、余裕があるつもりだったのですが、
今年に入ってから、モノスゴク悩み始めました・・・。
1日1本と決めて撮り続けていた昨年の11月12月の気分とうってかわって、
今年に入ってからは、ほとんど撮っていません。
出力やセレクトでいっぱいいっぱいでした。
今の自分にできることは、(たぶん)全てやってみたはずです。
たくさんの方にご覧頂き、忌憚のないご意見を伺えればシアワセです。


渡部さとる主宰 Workshop 2B グループ写真展 Vol.9 16【sixteen】
2007年2月13日(火)〜18日(日)
11時〜19時(最終日は17時まで)
ギャラリー・ルデコ 3F
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-16-3 ルデコビル

| | Comments (0) | TrackBack (1)

04 February 2007

ハービー山口さん

今日、目黒のギャラリーにハービー山口さんの個展を観に行ってきました。
しばらくすると、おもいがけずご本人が来場。
小一時間ほどハービーさん、ギャラリストの福川さん、私の3人だけでお話ししました。

ホントは、15時頃いらっしゃる予定で、ファンの方がたくさんいらしてたそうなのですが、
急なご事情がおありだったそうで、18時頃ひょっこり顔を出されたのだそうです。
みなさんすっかり引き上げた後でした。
トークショーはいつも大人気だし、ご多忙な方ですから、とてもラッキーな体験です。

「代官山17番地」の中から2作品が展示されていたのですが、
Rolleiflex 2.8fで撮影された作品ということもあり、
スゴク気になっていました。
お話しているうちに、2枚のうちの1枚が「トゥモロー」というタイトルだと聞いた時、
全身に電気が走ったんです。
しかも胸にアツイものまでこみあがってきて。
ハービーさんの写真とメッセージって、ココロを打つとは聞いていましたが、
いやぁ、ホントなんですね。

私も、ハービーさんの写真集やエッセイはいろいろ持っていますが、
熱心なファンの方々のキモチが今日は分かりました。
これはご縁と思い、「トゥモロー」のプリントを譲っていただくことにしました。
初めて所有するオリジナルプリントです。

ほんとは、初めてのオリジナルプリントは渡部さとるさんのって決めてたんですけどね(笑)
そして、M型ライカでも撮ってみたくなったのでした・・・。
なかなか物欲から開放されません。

| | Comments (16) | TrackBack (1)

02 February 2007

2B

渡部さとる主宰 Workshop 2B グループ写真展 Vol.9 16【sixteen】
2007年2月13日(火)〜18日(日)
11時〜19時(最終日は17時まで)
ギャラリー・ルデコ 3F
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-16-3 ルデコビル


さ来週の火曜日、2月13日(バレンタインデーの前日)から
写真のグループ展をやらせていただく訳ですが、
何のグループかといいますと、
渡部さとるさん主宰の「ワークショップ2B」の仲間なのです。

渡部さんと言えば、
「ピーカンの日の露出は世界中どこも同じ。感度分の16。」ということで、
16期生の私たちは、グループ展のタイトルを「16sixteen」としました。

先週、参加者全員で集まったのですが、
みんなスゴイ。
僕が言うのもなんですが、スゴイ!
そしてオモシロイ!
お医者さん、お母さん、俳優さん、広告代理店の人、編集者の人。
参加者の職業も様々だけど、
ニューヨークから、家の中まで、被写体も幅広く、
カラー、モノクロームを問わず、デジタルから中判写真まで、フォーマットもいろいろ。
我ながら、みんなの写真を見ていてシビレマシタ。

再来週のグループ展、
僕の写真はともかく、みんなの写真をゼヒたくさんの人に、
見に来て欲しいです。

で、そんなみんなと出会った渡部さとる先生のワークショップでは、
ただいま受講者を募集中だそうです。
ワークショップ2Bはコチラ

| | Comments (5)

« January 2007 | Main | March 2007 »