« 夜の写真展 | Main | ステーキフリッツwizソイソース »

08 July 2007

7月7日ー1

7月7日(土)

七夕。
ですね。
おいらは、織姫様とお会いできるのでしょうか?(笑)

今日も日差しが強い。
長時間外にいたら、ぶったおれてしまうだろうな・・・。

_0013671

_0013670

_0013675

_0013674

_0013677

アルルの街では朝一をやっている。
ゆっくり見たいところだけど、パス。
フォトフォリオレビュー会場へ向かう。

師匠とももちさんが顔を出してくれて、
笑顔を見せてくれた。
くくく。
ほんと試験みたいだ。

お一人目は、N.Y.のギャラリーの女性ディレクター。
Julie Saulさん。

「空っぽのプール」のキャプションを読んで、
いたく喜んでくださる。
「この文章ちょーだい。それかe-mailで送って。」
「この文章は、冒頭に置くべきよ。」
「MURAKAMIみたいね」みたいな感じで。
写真を褒められた訳じゃないけど、これはこれで嬉しい。
考え方を認めてくれたんだから。

そして
「この構成は、人生なのね?」
と理解を示してくれる。

ところどころ、このカットは不要では?
枚数を絞ったら?
サイズはもっと大きいほうがいいのでは?
Andanteと混ぜてみたら?
と具体的なアドバイスをくれた。

カラープリントを始めて3ヶ月にしちゃあ、上出来じゃないか?

次は、Alain Willaume氏
フランスのキュレーター。
今年のアルルの、インドの写真の責任者だ。

そして、Jean-Christophe Bechet氏
フランスの出版者。

このお三方は、間の時間なしに続けざまだったので、
まだちょっと整理がついていない。

どちかの方は、暗い写真がいいねと。
もう片方の方は、明るい写真がいいねと。
いずれも、もっと絞ったほうがいいと。
また、空っぽのプールとAndanteと混ぜてもいいのじゃないか?
とも言っていた。

Bechetさんは、おいらのノートにフランス語で、いっぱいコメントを書いてくれた。
これは帰国したら、翻訳してもらおう。

怒濤の1時間が過ぎる。
午前の部、終了・・・。

つづく・・・。

|

« 夜の写真展 | Main | ステーキフリッツwizソイソース »

Comments

おはよー。起きたら朝一?でここを見るのが日課になりました。
東京は、曇りで肌寒いです。
出口さんと、師匠の事件で盛り上がってしまいましたが、Qさんのレビューがまだ、全部終わっていなかったんだね。こちらも少し馴れて来て、「試験ガンバってこいよ。」という気持ちになってきました。織り姫さんに会えたのか?
これから、2Bでカラープリントしてきま〜す。

Posted by: さるぢえ | 08 July 2007 at 09:12 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47276/15687975

Listed below are links to weblogs that reference 7月7日ー1:

« 夜の写真展 | Main | ステーキフリッツwizソイソース »