« May 2008 | Main | July 2008 »

29 June 2008

雨の匂い

Fh000034
Vivitar

| | TrackBack (0)

28 June 2008

美女と漂流者

とある教会へ出かけた。
結婚式に出席するためだ。
私が結婚する訳ではない。
漂流者が結婚するのだ。

美女と漂流者が結婚するのだ。
結婚したのだ。

てっきり、貴重なカメラやプリントと結婚するのだと思っていたが、
美女と結婚したのである。

教会の敷地で久しぶりに会った漂流者は、
ちょっといい男に見えた。

20080628_0015885

私と遊んでいる場合ではない。

20080628_0015886

漂流者は、美女の元へ急ぎ写真を撮ってもらった。
こんな日が来るとは・・・。
そんな姿を見ていて、
他人事ながら、とても幸せな気持ちになった。

20080628_0015889

末長く、お幸せに♪

余談ではあるが、
披露宴の間、GRDを片時も離さず、
新郎席に座る姿が印象的だった。
GRDを置く姿が印象的だった。

| | Comments (14) | TrackBack (0)

20 June 2008

六本木から渋谷に向かうバスの中で、何を食べようか考えていた。

昨夜はアラビアータソースにタコをからめ、
パスタにあえて、安物のスパークリングワインと一緒に食べた。
だから、パスタは避けようと考えた。

土曜日から預けっぱなしのパンツを渋谷の店で受け取り、
通勤特急-混むのを嫌っていつもは乗らない-に乗る。
座る気はなかったのだけど、席が空いていたので腰を下ろす。
読みかけの小説を開いてみたが、ページが進まない。
自由が丘で降りて歩いていると、レストランのオープン席が目に入った。
何故か、今夜はビールが飲みたい・・・と思った。
3ヶ月と19日ぶりに髪を切ってもらうために鏡の前に座って、少しうとうとした。

再び電車に乗り、再び降りて、
新丸子の駅前のスーパーの前でしばし考える。
週末の過ごし方を考える前に、今夜のことを決めなくては。
家に、食べかけのチーズとバケットがあるじゃないか?
結局、オリーブのビン詰めを買うことにした。

スーパーをパスして、
輸入食材店に入ろうとすると、
 アイスコーヒーをどうぞ
とカップに入った飲み物を女性の店員に薦められるが、
通り過ぎた。
無視するつもりはなかったのだけど、
僕が欲しいのはオリーブなのだ。
オリーブの棚の前に立ってビン詰めを見つめる
すると、さきほどの女性が再び、
 アイスコーヒーをどうぞ
と、カップを差し出す。
受け取らないオレは異端児なのか?
何故あなたは、そんなにアイスコーヒーを薦めたがるのだい?
と声には出さずに、少し無愛想に断った。

2種類のオリーブ-200円と800円の-を買って店を出た。
部屋に入って、少し汗ばんだ服に脱ぎ、洗濯機をONにし、
グラスにビールを注いで200円のオリーブを試した。

週末は、オリーブを探すことにしよう。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

16 June 2008

雨を待っている。 5

080610_020
M4 Summilux 35 TX

| | Comments (4) | TrackBack (0)

13 June 2008

雨を待っている。 4

080610_019
M4 Summilux 35 TX

| | Comments (7) | TrackBack (0)

雨を待っている。3

080610_023


| | Comments (2) | TrackBack (0)

11 June 2008

雨を待っている。 2

080610_025
M4 Summilux 35 TX

| | Comments (0) | TrackBack (0)

雨を待っている。

080610_024
M4 Summilux 35 TX

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08 June 2008

トイレで巻いている

私は、トイレでフィルムをリールに巻いている。
夜は光が入らないので、丁度いいのである。
昼間も巻きたいので、ドアに目張りをした。

_0015610

しかし、少し暑い。
本格的な夏が到来したその時、
果たして私は、トイレで巻き続けられるのだろうか?

| | Comments (14) | TrackBack (0)

07 June 2008

ひんやり涼しげ

_0015609

教わった、現像液の冷やしかたをやってみる。
ペットボトルを凍らせて、バットの中でぐるぐる。
現像液が、気持ち良さそうにしている・・・。

5本目を干したので、
タンクが乾いたら、もう一本行ってみよう♪

※追記
・・・っと調子にのっておりましたが、
6本目はリール巻きにシッパイ!!
暗黒のトイレ内で
「こりゃ、巻けてないな・・・」
っと巻き直すも、時既に遅し。
パーフォレーションがゴニャゴニャに・・・。
自信喪失!!
一服して気をとりなおし、巻き直したものの。
ゴニャゴニャになった近辺は、盛大にムラムラしておりました。

ご用心ご用心。
用心召されよ、休日郎殿!!

ランチビールなんぞの後に、
ヨユーこいて現像しちゃぁ、あきません!!

| | Comments (10) | TrackBack (0)

06 June 2008

アップフィールドギャラリー 企画展「Invisible moment」

現像・プリントでお世話になっている、
湊雅博さんの「アップフィールドギャラリー」で
本日から企画展が始まります。

「Invisible moment」

[展示写真家]
坂本政十賜 Masatoshi Sakamoto
福居伸宏 Nobuhiro Fukui
(http://www.nobuhiro-fukui.com/)
湊雅博 Masahiro Minato
山方伸 Shin Yamagata
(http://www.geocities.jp/ymgtsn_p/)


2008/6/6(金)~29(日)
12時~19時 会期中無休
アップフィールドギャラリー

http://www.upfield-gallery.jp/
千代田区三崎町3-10-5 原島第3ビル 304
水道橋駅西口から徒歩3分
九段下駅から徒歩10分

おいらは、本日観にいきまーす。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

05 June 2008

3本目・4本目

3本目・4本目は、
D-76~コダックフィクサー、T-max〜ハイパムフィクサーとで現像してみました。
地の色が違う・・・。
定着液の違いかな?

普段街撮りなんかをする分には、
24枚撮りの方が、
撮影条件によって現像時間を変えられたりで、
汎用性が高いのかもしれない・・・。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

白岡順さんの暗室

白岡順さんといえば、
国内外のあまたの美術館に作品が収蔵されている写真家だ。
長年パリで活動され、今は東京造形大学の教授。


「視よ、ただひたすら視よ。
 見ること、自分自身を見ること、見られること - それは何を意味するのか。」
の人だ。

その白岡教授の暗室にお邪魔した。

市ケ谷のマンションの一室。
ノックして、そ〜っとドアを開けてみると・・・
ガーン!!
サンタさんが!!!
いや、白岡さんご本人がいらっしゃるとは思わなかったのだ。

現在、貸し暗室開業に向けて、急ピッチで準備をされている最中。
そんなお忙しい中、
「ちょっと暗室見てみますか?」
と案内してくださった。

「昔から貸し暗室をやりたかったんだ。」
と、目を輝かせて語る様子は、子供のよう。
作家はいつまでも若いんだなぁ。

「バライタの定着や水洗は人に任せたくない人もいるだろうから、
 自分でもやれるようにしたいんだ。」
というお話が印象に残った。

「ここで一枚いいですか?」
と聞くと、パリッ子のように笑顔でポーズを取ってくださった。

_0015606

レンタル暗室・ワークショップ・ギャラリー
カロタイプ
まもなく稼働だそうです。

| | Comments (35) | TrackBack (1)

04 June 2008

D-76

「一生に一度くらい、基本中の基本からやってみては?」
とフィルム現像に関して、田村彰英先生からアドバイスを頂いた。
フィルム現像も、プリントも、
最初に教えてくださったのは田村さんだ。
先生の言葉は重い。

とにかく、今年のモットーは、「基本に忠実に、たんたんと」やること。

シロートにやさしい現像レシピを丁寧に教えてくださった、
写真の大先輩が住む横浜に深く深く頭を下げ、
D-76とコダックフィクサーを買うために、ヨドバシへと向かった。
(お忙しい中、親切に教えてくださったラ・ペルラさん、ごめんなさい!!)

_0015605

すると、
印画紙コーナーの前に、金村修さんがいた!!
「先日は写真を見ていただき、どうもありがとうございました♪」
「あぁ、ドーモドーモ」

「ニューシーガルって店頭でも売ってるんだねぇ」
「そぉですね、でもWEBの方が圧倒的に安いですね」
「そう、・・日までは、特に安いんだよ」

「(手にした薬品を見て)あぁ、D-76?そうね、写真学校でもD-76からだからねぇ。
 ちなみに定着は、これ(富士スーパーフィックス)いいですよ。」
「いえ、田村先生が・・・で・・・・とおっしゃるので!!コダックフィックスじゃなきゃだめなんです(汗)」
「ああ、なるほどね、確かにね。」

という世間話(?)をして、お別れを言い、
今度は江古田へ向かった。
一ヶ月ぶりの2Bに行くと、笑顔のムッシュ渡部さとるが、英語で話しかけてくる。
さては、パリフォト対策だな?!いよいよグローバル戦略をとるのか?

デジャ=ブのバックナンバーを見せてもらって、
白岡順さんのページにため息をつく。
あぁ、実物観たいなあ・・・。
(今年の国立近代美術館の所蔵展を見逃したのが悔やまれる。)
そうこうしているうちに、久しぶりにさるぢえさんにもお会いでき、
アルル用の新シリーズのワークプリントを見せてもらう。
本焼きが楽しみ♪

そうこうしているうちに時が過ぎ、江古田を後にした。
ちなみに、2Bのデフォルト現像液はマイクロドールX。

その後、現像液を貯蔵しておく手ごろな容器が見つからず、
意外な苦戦を強いられましたが、
昨夜、とうとうD-76ができあがりました。
今夜現像してみます。

_0015603

| | Comments (12) | TrackBack (0)

03 June 2008

たどり着いたのは30分遅れの13時半だった。-3

080531_187

| | Comments (2) | TrackBack (0)

02 June 2008

たどり着いたのは30分遅れの13時半だった。-2

080531_188
M4 Summilux TX

| | Comments (0) | TrackBack (2)

01 June 2008

たどり着いたのは30分遅れの13時半だった。-1

080531_185
M4 Summilux TX

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« May 2008 | Main | July 2008 »