« August 2008 | Main | October 2008 »

27 September 2008

Vivitar展は日曜まで。

_0016732

_0016734

こんな感じで展示しております。

まだこの会場で、1日しか過ごせていないのですが、
思うところ満載でした。

自分の写真を見なおして、
良く言えば、肩の力が抜けた感じ。
悪く言えば、緊張感が無い感じ。

22通りの作品群が、一種類のカメラから生み出されたことを思うと、
カメラなんて、どれ使っても一緒。
と感じる。

故に、
撮りたいサブジェクトに応じて、
道具と手段を選ぶべきだ。
と、実感ベースで理解。

道具に思い入れを持ちすぎないように・・・
とVivitarを選んだのですが、
機材選択のプロセスに、不純な動機を持ち込んでしまったなあ・・・
と反省しております。

そんなこと考えつつ、
明日は、午前中のみ在廊しております♪

| | TrackBack (0)

23 September 2008

本日11時よりVivitar展です。

Vivitar展

会期:2008年9月23日(火)~28日(日)
時間:11:00~19:00(最終日は17:00まで) 
会場:渋谷 ギャラリー・ルデコ5階
   〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-16-3 ルデコビル

「ワークショップ 2B」のOB+渡部さとる師匠
22人による、Vivitarで撮った写真展です。

Vivitarは、
ピントと露出固定、超広角22mm プラスティックのチープなレンズを搭載した
トイカメラです。

ちょいと大所帯ですが、
22通りのVivitarの世界をお楽しみ頂けます。

私は、本日23日のみ在廊しております。
お時間がございましたら、ゼヒ。

21358f701

2136961b7c

なお、今回もルデコの4フロアを使って、
2Bの写真展が同時開催中です。

 6F 浜畠カノン写真展
 5F Vivitar展
 3F 2B 22期グループ展
 2F 2B 21期グループ展

| | TrackBack (0)

21 September 2008

スーパー

_0016589

_0016587

_0016586

_0016585

ベルリン在住のkinuさんによると
家賃や日常品の物価は安いそうです。
もうすこし長く滞在できたなら、
スーパーであんなものやこんなもの、買って味わいたかった。

| | TrackBack (0)

19 September 2008

ニュートン

_0016598


ヘルンムートニュートン写真美術館の建物は、ステキだった。
でも撮影禁止とサインがでている。
でも、トイレには撮っちゃダメって書いてなかった。

| | TrackBack (0)

18 September 2008

食堂

_0016592

ヨーロッパは、どこへ行ってもパンがおいしいです。

| | TrackBack (0)

15 September 2008

Vivitar展

エンジェルがささやいた。

反復横跳びしながら前へ進むキミ
ビビターセレクトの進捗はいかが?

思えば、行ったり来たりしている割には、
前にも後ろにも動いていない。
そんな気がする。


アルルに行ってみようと決めて、
わくわく楽しく選んでいた気持ち。
竹内さんに斬られて、
「写真なんかやめちまえ!!」
と思ったけど、
思い直した気持ち。

そうした自分を思い起こしながら、
この数年のあいだに積もった塵・・・
いや、時間と経験とをトッピング。
セレクトしたVivitarの写真。

来週の火曜。
9月23日秋分の日からグループ展に出展します。
会場は、渋谷のル・デコ5階です。

例によって、2階3階6階でも2Bの仲間たちが写真展を開催しています。

僕の写真は、5階。
暗い部屋の片隅で、
ひっそりとみなさんをお待ちしています。
23日の1日だけ、僕自身も会場でひっそりと佇む所存です。

21358f701

2136961b7c

| | TrackBack (0)

13 September 2008

ご無沙汰しております。

今さらですが
ベルリンからは帰ってきております。
そして、宿題を貯め放題にしておりました。
毎日たくさん仕事をしております。
でも毎日読書はしております。

今日は写真をセレクトしています。(カラー)
明日は暗室に行ってきます。(白黒)
あさってはオシゴトです。(ブルー)
正月はラスベガスで過ごさなければならないかもしれません。
でも、どうにかやっております。

| | TrackBack (0)

03 September 2008

ビスマルクストラーゼ駅の体重計

_0016508001

ビスマルクストラーゼは、出勤途中の乗り換え駅だ。
この駅のホームに、年期の入った体重計が置いてある。
同行している日本人達同士の間で、
何故?
と話題になっていた。

_0016511

体重計には、
身長に伴った、平均体重が記載されている。
荷物を測るものではないようだ。

そして、コイン投入口があり、
そこには50ペニヒと刻印されていて、
さらに50セントと手書きで書いてある。

_0016509

ごちゃごちゃ話しているより、試してみればいいじゃないか。
50セントを投入し体重計に乗ってみた。
ピクリとも動かない。
コイン返却ボタンを押したが、
コインが戻る気配もない。

みんなが、あきれ顔で僕を見ているところへ、
電車がやってきたので、駅を後にした。

| | TrackBack (0)

01 September 2008

ベルリンの天使

_0016610
GRD

| | TrackBack (0)

« August 2008 | Main | October 2008 »