« 「写真撮ってどうするの?」再び | Main | 渡邉博史×渡部さとる »

16 October 2008

「パリ・ニューヨーク・東京」つくば写真美術館'85

911

「パリ・ニューヨーク・東京」つくば写真美術館'85
のカタログを購入した。

つくば万博の開催期間に、
英仏日の百数十名の写真家の作品を展示した大写真展。
そのカタログだ。

アジェ、マンレイ、ブラッサイ、ケルテス、ブレッソン、ドアノー・・・
クライン、フランク、アーバス、
アンセル・アダムス、アヴェドン、ベッヒャー夫妻、メイプルソープ・・・
木村伊兵衛、土門拳、植田正治、
石元泰博、東末照明、細江英公、
森山大道、荒木経惟、杉本博司・・・
まるで教科書みたい。
田村彰英さんは「永遠の写真少年」と評されている!!
印刷もキレイだし、豪華な本だ。

このカタログをめくると、写真のトレンドが俯瞰して見える。
でも・・・この写真展が開催された85年から、
大きく変わっていないように見えるのは気のせいだろうか?

そして、
当時の新進作家として、
清家冨夫、ハナブサリュウ、飯田鉄、小瀧達郎、田中長徳、石内都、白岡順・・・
という名が挙がっているのが、興味深い。

※メモ
289ページ 28×21cm。
1985年のつくば万博時、ツァイト・フォト・サロンの主宰により開設された、
つくば写真美術館'85で行われた写真展のカタログ。
フランス、アメリカ、日本の代表的な写真家総勢170人、
400点の作品が展示されるという壮大な写真展。
宣伝不足、立地条件などの理由により写真展は興行的には失敗。
そのカタログはすぐれた内容にもかかわらず大量に売れ残り、
保管コスト削減のために裁断処分を余儀なくされたそうだ。

|

« 「写真撮ってどうするの?」再び | Main | 渡邉博史×渡部さとる »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47276/42811284

Listed below are links to weblogs that reference 「パリ・ニューヨーク・東京」つくば写真美術館'85:

« 「写真撮ってどうするの?」再び | Main | 渡邉博史×渡部さとる »