« September 2008 | Main | November 2008 »

31 October 2008

「3000円で写真売りましょ!買いましょ!展」を甘く考えていた。

甘く考えていた・・・。

実は出展してるんです。
友人(Mのおやっさん)に、
「グループで参加しようやぁ」
とお誘いを受けまして。

主催者横木安良夫さんの思いに共感したこともあり、
軽い気持ちで、
シルバーラグで出力した写真を出しておりました。

この「3000円で写真売りましょ!買いましょ!展」は、
いたるところで、賛否両論だったので、
こりゃ大成功のプロジェクトだったなぁ・・・と他人事の用に考えていたのですが、
ようやく今週見に行ってきました。

1,000枚以上の写真を一気に見る。

疲れた〜。

そこで思ったのですが、
写真としての完成度が高いけど、所有したくない。
これは、なんなんだ?・・・と

カメラマンのポートフォリオ的写真。
ポストカードみたいにきれいな写真。
インテリア雑誌風のおしゃれな写真。
日常を切り抜いた写真。
・・・の域を突き抜けた何かが無いと、3000円は出せない。

例え、その何かがあっても、
「ま、3000円だから」
という気持ちが透けて見えちゃった瞬間に冷める。

そして、
知らない人、
何をしようとしているか分からない人、
の写真一枚に、3000円払うのは買い手からすれば・・・・。

そう感じたことが、
まるごと自分に返ってきました。
膨大な枚数の中で、
自分の立ち位置や姿勢が、ぼんやり浮かび上がってまいりました。

いろんな方が既におっしゃるとおり、写真も売るとなると経済活動です。

僕としては、
経済活動に参加する気はないけれど、
随分中途半端な気持ちで出展しちゃったなーと思いました。

せめて
現在の自分にできるベストを尽くした写真を出展するべきだったと。

デジタルとシルバーと、どっちが優れているか?
って話しでは無く、
今の自分の意気込みとして、ベストなのはシルバーなので、
本日そっと、バライタプリントと差し替えて来ました。

※会場に行ってみたら、横木さんがレジを打っていた♪
L1010454

もしご覧になる機会があったら、是非。
私のファイルナンバーは「033」です。

10月21日 (火)~ 11月2日 (日)am11 - pm 7

ギャラリーコスモス Gallery Cosmos 03-3495-4218
東京都目黒区下目黒3-1-22谷本ビル3階
JR山手線目黒駅(地下鉄南北線・都営三田線目黒駅) 西口から大鳥神社方面へ徒歩10分。
バス利用の場合:目黒駅西口より2つ目「大鳥神社谷本歯科ビル前」下車。

| | TrackBack (1)

24 October 2008

表裏

Img080814017
M4 Summitar

| | TrackBack (0)

23 October 2008

帰りがけ

_eps4851
R-D1 Summilux 35

なんだかんだ・・・結局のところ、
レンズの味の違いってものが分からない・・・
と言ったら、
友人がR-D1を貸してくれた。
道々撮りながら帰るのは、久しぶり。

| | TrackBack (0)

22 October 2008

現像再開

ためたフィルム20本。
振って振って、振りまくれ♪

| | TrackBack (0)

20 October 2008

シルバー・ソルト・クラブ写真展

銀塩写真と銀塩金属カメラを愛好する、有志8名による写真展です。

「シルバー・ソルトの丘」
シルバー・ソルト・クラブ写真展
11月11日(火)〜11月16日(日)
午後12時〜19時最終日17時
(11月15日(土)午後6時写真展パーティー )
谷中のギャラリー「りんごや」で開催
文京区根津2-22-7
tel03-5685-2456
地下鉄千代田線 根津駅 1番出口 徒歩3分


金属カメラで撮影、フイルム現像し
銀塩バライタ紙でプリントした写真展です 。
2点出展いたします。

| | TrackBack (0)

19 October 2008

渡邉博史×渡部さとる

わが家には、写真の「大」コレクションは無い。
数少ないコレクションのうちの1枚が、渡邉博史さんのプリントだ。

Findings

アメリカを拠点にし活躍する、大好きな作家だ。

その渡邉博史さんが、ギャラリー冬青で個展を開催している。
しかも、ご本人のお話が聞ける、絶好の大チャンスなので、
中野へ足を運んだ。

日芸写真学科を卒業後、渡米し、
20年もの間、CFに携わった後、
ある朝突然思い立ち、
写真家に転向したそうだ。

L1010298

「まず見たい」という気持ちを大事にしている・・・
というお話が印象に残った。
カメラは「見る」ために都合のいい道具なのだ、と。

フィルム現像液や印画紙、引き伸ばし機まで話してくれた。

渡部さとる師匠が聞き手のトークショーは、
数回参加しているけど、
うまい。
渡部(さとる)さんは、話しがうまい(笑)


↓ダイエットの効果(余談)

Onaka

| | TrackBack (0)

16 October 2008

「パリ・ニューヨーク・東京」つくば写真美術館'85

911

「パリ・ニューヨーク・東京」つくば写真美術館'85
のカタログを購入した。

つくば万博の開催期間に、
英仏日の百数十名の写真家の作品を展示した大写真展。
そのカタログだ。

アジェ、マンレイ、ブラッサイ、ケルテス、ブレッソン、ドアノー・・・
クライン、フランク、アーバス、
アンセル・アダムス、アヴェドン、ベッヒャー夫妻、メイプルソープ・・・
木村伊兵衛、土門拳、植田正治、
石元泰博、東末照明、細江英公、
森山大道、荒木経惟、杉本博司・・・
まるで教科書みたい。
田村彰英さんは「永遠の写真少年」と評されている!!
印刷もキレイだし、豪華な本だ。

このカタログをめくると、写真のトレンドが俯瞰して見える。
でも・・・この写真展が開催された85年から、
大きく変わっていないように見えるのは気のせいだろうか?

そして、
当時の新進作家として、
清家冨夫、ハナブサリュウ、飯田鉄、小瀧達郎、田中長徳、石内都、白岡順・・・
という名が挙がっているのが、興味深い。

Continue reading "「パリ・ニューヨーク・東京」つくば写真美術館'85"

| | TrackBack (0)

10 October 2008

「写真撮ってどうするの?」再び

憧れの写真家がいる。
白岡順さんだ。

白岡さんの作品、言葉から、感銘を受け続けている。
ことあるごとに、観かえしたり、読み返したりしている。

以前このブログに書いたように、
白岡さんは「カロタイプ」という暗室を開設している。
そしてこの夏、ワークショップも開講した。

先週から「中級・応用コース」が始まり、
受講した。

初回は講評。
受講生の作品を、大きなテーブルに並べて、
1人1時間づつかけて、
話してゆく。

僕は、
アルルに持って行った写真から最近の写真まで、
(100枚くらいあったか)
この3年の間にプリントした写真を広げた。

2年前のモノクロ
去年のカラー
今年のモノクロ
おおよそ3種類のシリーズ。

これらを一挙に俯瞰して見る。
こんな風に自分の写真を見つめなおすのは始めてだった。

白岡さんは、3つのシリーズのうちどれが好きか?
他の受講生に聞く。
みんなはカラーが好きだと言った。
白岡さんは、最近のモノクロが好きだと言ってくれた。
(そうじゃないと、立つ瀬がないのだ・・・。)

「見せかたに気をつけた方がいいですよ。
いい写真がたくさんあるのに、
そうでない写真が混ざることで、価値を下げてしまいますよ。」

僕に5枚選び直させた後で、
「私ならこう選びますね」と
白岡さんが数枚入れ替える。

どうしたことだ・・・。
これが自分の写真なのかと見違える。

セレクト次第で大きく印象が変わることは、
重々分かっているものの・・・・
力不足を痛感する。

「写真をセレクトする力は生まれついてのものですか?」
「いいえ訓練です。」

選ぶ眼を手に入れたい・・・。
強く感じた。

「何か聞きたいことはありますか?」

と声をかけてくれたので、
「えーとえーと、
 僕は、暗くてコントラストが低くて・・・
 なんというかそういう写真が好きで・・・
 フィルターの選び方とか、印画紙の選び方とか、
 そのぉ・・・
 これでいいんでしょうか?」
と聞いてみた。

すると
「何か問題があるんですか?」
と、逆に静かな眼で白岡さんに問われた。

何も答えられなかった。

誰のために撮っているのか?
自分の好きなようにやらなくてどうする?

と、写真に対する覚悟を問われた気がしたからだ。

かねてから自問自答している
「写真撮ってどうするの?」
という答えに、
ほんの少し近づけた・・・
ような気がする。

| | TrackBack (0)

06 October 2008

夕立がやってくる

_0016708

| | TrackBack (0)

« September 2008 | Main | November 2008 »