« December 2008 | Main | February 2009 »

22 January 2009

今日の備忘録

「欠けない満月がないように、トラブルのない生活もない」
「ものごとは暗い側面のほうがより明確に法則化できる」
(ムラカミ・ピーターの法則より)

ネガティブに考え始めると果てしないですもんね。

昨夜も徹夜したみなさん、おはようございます。
あいにくの雨模様、寒い朝ですが、僕は元気です。
時差ボケを利用した朝型の生活は、なかなか良いです。

| | TrackBack (1)

16 January 2009

修業にならず

本日帰国しました。
やはり博才はありませんでした・・・。

| | TrackBack (0)

12 January 2009

グランドキャニオンの"方に"

レンタカーを借りてみようと思う。
グランドキャニオンの"方に"行ってみようと思う。

| | TrackBack (0)

浅さについて

ラスベガスの日差しは、冬場でも強い。
日なたではまぶしく、コートを着て少し歩くと汗ばんでしまう。
昼の光の中のこの街は、空虚だ。
午前中の歌舞伎町みたいなものかな?
特にダウンタウンや、生活空間には生気が無い。
メインストリート(ストリップと呼ばれる)だって、
賑わい華やかではあるものの、深みや味わいは全く無い。
20代に感じたアメリカとは随分違う。
アメリカが変わったのか?
僕が変わったのか?
ここがラスベガスだからなのか?
とにかく浅い。
薄っぺらだ。
でも、アメリカを軽蔑しているわけじゃない。
ここは上っ面を極めた、偉大な薄っぺらタウンだ。

| | TrackBack (0)

06 January 2009

マスタードとマヨネーズ

朝5時に目が覚めたので、ホテルの中をうろつく。
ホテルの1階には、スロットマシーンがずらり。
スターバックスコーヒーがあって、ドラッグストアもある。
なんか変な感じ。
外に出ると、何もかも歩いて行くには遠いから、ここになんでもあるんだろうな。
(または、ギャンブルに集中できるように。)

メジャーなホテルのようだが、
そこそこ古いみたいで、あまりケバケバしくなく、
かつ洗練されていない感じ。
昨夜はホテルの中華レストランで食事をした。
メニューには「SUSHI」もあったがパス。
餃子、春巻き、麻婆豆腐、麺、チャーハン。
馴染みのある見た目だが、
ヨーロッパとも北京とも、もちろん日本とも違う解釈の味だった。
まずくはない。

このホテル、わりあいすいているし、
程よいダサさが、妙に落ち着く。

レストランは全て禁煙だけど、向かいのスロットコーナーには灰皿がたくさんある。
部屋に歯ブラシがなかったので、ドラッグストアで買ってきた。
懐かしくなって、キャメルも一箱。
高いなあ、7.38ドル。
ビールやサンドウィッチ、チョコレートも買っておいた。

日本では絶対に利用しないスターバックスで、コーヒーを買った。

部屋に戻って、ハム&チーズのサンドイッチを開けると、
マスタードとマヨネーズのチューブが入っている。
ノリ弁の醤油みたいなもんかな。
少しつけて頬張る。

乗り換えのLAで食べたハンバーガーは、口に合わなかった。
だいたいバンズがパサパサすぎるんだよ。

このサンドウィッチは、
悪くない。

| | TrackBack (0)

05 January 2009

ちょっくら

ちょっくら、ギャンブラー修業に行ってきます。

| | TrackBack (0)

01 January 2009

ザワザワ新年

あけましておめでとうございます。

この年末年始は、いつになくソワソワ気味。
仕事のメールしたり、電話したり、書類を読み書きしたり。

そんな気分を上書きするように、
小説を読んだり、ビデオを見たり、写真遊びしたり。
心を静めて、気持ちだけはのんびり過ごそうと思います。

みなさん、今年も僕と遊んでください。

| | TrackBack (0)

« December 2008 | Main | February 2009 »