« February 2009 | Main | April 2009 »

23 March 2009

フェイク

L1010941

人工物で埋めつくされた、うすっぺらな偽物の街ラスベガスから、
レンタカーを走らせてグランドキャニオンへ行った。

その景色を前にして感じたのは、
片道6時間の達成感と視覚を狂わせるくらいの規模感だった。
圧倒的で壮大すぎて。
目の前にあるのは間違いなくホンモノであるにもかかわらず、
書き割りみたいだった。
人は自分の器を越えた真実よりも
身近な嘘にリアリティを感じるのだろうか?

もっともっと注意深く、
丁寧に、
目の前の生活を視なくては・・・。

今日からカウントダウン開始。

| | TrackBack (0)

22 March 2009

踏み込まない方がいい領域

L1010872

かゆいという感覚は
「痛い」の小さいものなんだそうだ。
かゆいとどうして、掻いてしまうのか?
それは、気持ちがいいからなのだと。
かきつづけていると、やがて大変な痛みを伴う。

行かない方がいいと分かっていながら。
やらないほうがいいと分かっていながら。
やれやれ。

| | TrackBack (0)

09 March 2009

「さよなら、愛しい人」

来月、「さらば愛しき女よ」の新訳の「さよなら、愛しい人」が発売される。
楽しみです。

「さよなら、愛しい人」
レイモンド・チャンドラー(著)

早川書房
刊行日: 2009/04/25

http://www.hayakawa-online.co.jp/product/issue_schedules/book/list.html

消えた恋人を捜してLAの街を彷徨う前科者ムース・マロイ。
彼と出会ったことで私立探偵のマーロウは奇妙な事件の渦中へと。
男女の哀切な愛を描いたハードボイルドの傑作が村上春樹の新訳で甦る

| | TrackBack (0)

« February 2009 | Main | April 2009 »