« 耐性 | Main | 足音 »

04 September 2010

Someone to watch over me.

L1000972

僕は見られている。
あいつだ。

何のために戻ってきたんだろう。

君の目を二度とのぞき込まなくて良いように。
箱に入れて。
鍵をかけて。
幾重にも幾重にも鎖をつけて、
真っ暗な湖面に、そっと返してあげたのに。

帰ってきた。
真夜中に人造湖の水底から、誰にも見つからずに浮かび上がった
あいつが、すぐそこに潜んでいる。
あいつが僕に会いにきた。

|

« 耐性 | Main | 足音 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47276/49347448

Listed below are links to weblogs that reference Someone to watch over me.:

« 耐性 | Main | 足音 »