12 June 2011

いつかのパリ

1307808693295.jpg

| | TrackBack (0)

02 June 2011

いつかのパリの空

1306948936580.jpg

寒かったし、疲れてたけど、ワクワクしたんだな。

| | TrackBack (0)

06 September 2007

チャリンコ文化比較論

Paris

070819_086
Rolleiflex 2.8f Planar

7月に訪れたフランス。
そのファーストショットは、チャリンコでした。
空港からバスに乗り、リヨンで降りて、
カフェでほっと一息。
ふと見回すと、チャリンコが。

ヨーロッパとアジアにおける、チャリンコの街への溶け込み方の違い・・・。
これは一体なんなんだろう?

| | Comments (10) | TrackBack (0)

30 July 2007

ポンピドゥ・センター

セキュリティチェックを受けて、
まっすぐ向かった、半地下のチケット売り場。
「ちけっとしるぶぷれ」と言った僕に、
カウンターのキュートな女性は、
きわめて面倒くさそうに、ゆっくりと、
「今日はタダ。」
と言った。

ポンピドゥ・センター、
ジョルジュ・ポンピドゥ国立美術文化センターは、
毎月第一日曜日に、施設を無料で公開しているのだ。

おいおい。そりゃないぜ、マドモアゼル。
貴重な文化資産を、
自国民他国民問わず社会全体に還元するその姿勢、
・・・好きです。

と心の中で思った。

Img151

Img154

パリに初めて訪れたのは、確か93年。
生まれて初めての海外旅行だった。
彼女と二人で、
2週間ほどイングランドを周った後、
寄ってみたのだ。

当時、フランスが大嫌いだった僕が、
パリに来た理由の一つが、
ポンピドゥ・センター。
ジョルジュ・ポンピドゥ国立美術文化センターだ。

今となってはもう、
モダンアートなんて、かび臭いのかもしれないけれど、
僕には、宝石のように輝いていた。
パリにはルーブル美術館もある。
オルセー美術館もある。

ダ・ビンチからジャコメッティまで。
この3ヶ所に行っただけで、
美術の教科書のほとんどが網羅されてしまう。
そう思うと、わくわくしたし、
「パリなんて一切観光せず、
ミュージアムだけ観てかえってやる。」
なんて生意気にうそぶいたりして。

なつかしい。
そんな僕が最近は、
渡部さとる"師匠"を「ムシュゥ」と呼び、
挨拶は、「ボンジユゥ」
なんだから笑ってしまう。

Img152
Rolleiflex 2.8f Planar

パリに行くのは3度目。
回数はけして多くはないけど、
以来、必ずポンピドゥ・センターに寄る。

今でも、僕にとって宝石なのか?
宝石の様に感じた、あの頃の自分が懐かしいのか?
どっちなんだろう?

分からないけど、
きっとまた行くのだろうなあ。

| | Comments (21) | TrackBack (2)

22 July 2007

人々

Paris
Img150
Rolleiflex 2.8f Planar

| | Comments (5) | TrackBack (0)

ぼんじゆぅ♪ぱりぃ♪

Paris
Img146
Rolleiflex 2.8f Planar

| | Comments (8) | TrackBack (0)